年金確保支援法が成立 国民年金の追納期間延長

2011/8/4付
保存
共有
印刷
その他

国民年金の未納保険料を追納できる期間を現行の2年から10年に延長する年金確保支援法が4日の衆院本会議で成立した。保険料未納で無年金や低年金になってしまう人を3年間の時限措置で救済する。企業型確定拠出年金の拡充策も盛り込み、2012年1月から従業員個人が掛け金を拠出できるようにする。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]