/

韓国の引き渡し拒否、首相「強く抗議したい」 靖国放火で

安倍晋三首相は4日午後、三重県伊勢市での記者会見で、韓国ソウル高裁が靖国神社に放火した中国人の元受刑者を政治犯と認定し、日本への引き渡しを拒否する判断を下したことについて「極めて遺憾であり、強く抗議したい」と批判した。日韓犯罪引き渡し条約を念頭に、「日韓の間に引き渡し協定があるにもかかわらず事実上、無視した」とも強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン