/

この記事は会員限定です

医者のいない地域、5年前より1割減少 厚労省調べ

[有料会員限定]

医者のいない「無医地区」が2009年10月末時点で705地区と前回調査(04年)に比べ10%減ったことが厚生労働省の調べでわかった。無医地区は半径4キロ以内に50人以上が暮らし、受診に公共の交通機関などで1時間以上かかる地域のこと。「へき地で働く医師への支援策を充実したことが理由」と同省は説明している。

調査を始めた1971年当時、無医地区は2473だったが、その後はおおむね5年ごとの調査のたび...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン