「導入の日、竹下氏は大平氏の墓前に」 小川是氏

2014/2/9 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――竹下登首相の消費税にかける思いはどこから来ていたのでしょうか。

「1978~79年に衆院予算委員長を務めて、大平正芳首相の一般消費税へのほとばしるような思いを聞いていたに違いない。その後第2次大平内閣で蔵相に任じられ、大平首相から『日本の財政を頼むぞ』と託されたと感じていたと思う。自分がどの立場にいようとも、消費税はやらなければいけないという思いを強く持っていた」

「79年12月に衆参両院が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]