/

首相「海兵隊、抑止力と思っていなかった」

「学べば学ぶにつけ、(海兵隊の部隊が)連携し、抑止力が維持できるという思いに至った」。鳩山由紀夫首相は4日、沖縄に駐留する米海兵隊が抑止力の維持につながるとの認識を持っていなかったと説明した。

名護市の稲嶺進市長との会談後、記者団の質問に答えた。記者団が「抑止力の問題は衆院選の時点でも分かっていたはずで、認識が浅かったのでは」と質問すると、首相は「当時は海兵隊が必ずしも抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった」と釈明した。そのうえで「(認識が)浅かったと言われればその通りかもしれないが、すべてを県外、国外に踏み出すという結論にはならなかった」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン