首相「海兵隊、抑止力と思っていなかった」

2010/5/4付
保存
共有
印刷
その他

「学べば学ぶにつけ、(海兵隊の部隊が)連携し、抑止力が維持できるという思いに至った」。鳩山由紀夫首相は4日、沖縄に駐留する米海兵隊が抑止力の維持につながるとの認識を持っていなかったと説明した。

名護市の稲嶺進市長との会談後、記者団の質問に答えた。記者団が「抑止力の問題は衆院選の時点でも分かっていたはずで、認識が浅かったのでは」と質問すると、首相は「当時は海兵隊が必ずしも抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった」と釈明した。そのうえで「(認識が)浅かったと言われればその通りかもしれないが、すべてを県外、国外に踏み出すという結論にはならなかった」と語った。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]