/

この記事は会員限定です

経済再生、競争か格差縮小か 衆院選の争点

[有料会員限定]

衆院総選挙が4日公示され、主な政党は公約で相次ぎ高い成長率目標を掲げた。景気後退局面入りが濃厚になった日本経済。デフレ脱却や景気回復に向けて優先すべきは競争による企業活力か、格差縮小か。争点に浮かび上がったのは、日本経済再生に向けた政策の軸だ。

自民党と日本維新の会は「名目3%以上」、民主党は「2020年度までの平均で名目3%程度、実質2%程度」、みんなの党は「名目4%以上」――。各党は競うように...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン