政府、外国人富裕層ビザ見直し 最大1年滞在

2013/12/3付
保存
共有
印刷
その他

政府は外国人の富裕層がスキー場や海、レジャー施設といった日本のリゾート地で長く過ごせるよう、ビザの制度を見直す。いまの観光ビザでは最大90日しか過ごせないが、新たに一定の資産か年収のあるシニアに限り、最大1年の滞在を認めるようにする。観光地の消費や、別荘などの不動産投資を増やす。

法務省が3日の産業競争力会議の国際展開分野の分科会で方針を述べた。これから関係省庁と年齢や資産といった条件を詰めて、告示を出す。

法務省が想定しているのは外国で広がる「ロングステイビザ」。同省によるとオーストラリアは55歳以上で資産約7000万円以上、ニュージーランドでは66歳以上で約4100万円以上の生活資金がある、といった条件を満たした人に2~4年の滞在を認めている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]