夏は休日増・冬は減、企業の変更柔軟に 厚労省支援

2011/6/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は今夏の節電対策を支援するため、企業が就業日を柔軟に変更できる体制を整える。夏は週4日、冬は週6日働くといった「変形労働時間制」を導入している企業が、年度途中にスケジュールを変更するのを特例として認める。製造業を中心に工場の操業日時を変更する動きが相次いでいることから、下請けの中小企業を含め支援措置が必要と判断した。

原子力発電所事故に伴う政府の節電要請を受け、首都圏を中心に企業は今夏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]