/

この記事は会員限定です

関電管内、電力不足の恐れ 大飯再稼働先送りなら

[有料会員限定]

関西電力大飯原発3、4号機の再稼働が決まらない場合、関電管内の電力需給は厳しくなる。政府の昨年11月の試算では最大電力需要が昨夏並みだとしても関電管内は供給力が9%足りない。仮に記録的な猛暑になれば、不足幅は19%に達する恐れがある。

政府試算によると、関電で不足する供給力は250万キロワット。大飯3、4号機が稼働すれば、供給力を230万キロワット上積みできて不足がほぼ埋まる。

政府が昨年に関東、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン