2019年8月24日(土)

福島原発廃炉の工程検討 原子力委の専門部会が初会合

2011/8/3付
保存
共有
印刷
その他

国の原子力委員会は3日、東京電力福島第1原子力発電所の廃炉に向けた工程を検討する専門部会の初会合を都内で開いた。事故収束に向けた東電の工程表の第2段階(ステップ2)が終わる来年1月までに具体的な作業を盛り込んだ報告書をまとめることを決めた。次回会合は31日に開く。

初会合では炉心溶融(メルトダウン)が起こった1979年の米スリーマイル島原発事故で燃料の取り出し終了までに10年以上かかったことが紹介された。福島第1原発の場合は溶融した燃料がスリーマイル島事故のときのように圧力容器にとどまらず、外に出たとされ、対応には高い技術力と長い年月がかかるだろうとの意見が相次いだ。

廃炉に向けて国際協力を進めるべきだとの認識でも一致した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。