集団的自衛権「限定容認論」に理解 自民・古賀元幹事長

2014/4/3付
保存
共有
印刷
その他

自民党の高村正彦副総裁は3日、国会内で古賀誠元幹事長、野田毅税制調査会長と会談した。憲法が許容する「必要最小限度の自衛権」に集団的自衛権の一部が含まれるとして限定的に容認すべきだとの認識を示し、行使容認に慎重な発言をしてきた古賀氏も一定の理解を示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]