/

「ゆうパック」配達に遅れ 「ペリカン便」吸収で混乱

日本郵政グループの郵便事業会社の宅配便「ゆうパック」の配達が、首都圏など一部の地域で遅れが生じていることが3日、分かった。日本通運の「ペリカン便」を吸収した1日以降、荷物が大幅に増え、中継拠点などで混乱が生じているもようだ。顧客が指定した期日に間に合わない問題が起きており、支社などから職員を出向かせて対応しているという。

郵便局などを通じて集めた宅配便を中継する集配拠点で、荷物の仕分けなどに手間取るケースが発生しているという。日通側から引き受けた職員が作業に不慣れなことも一因とみられる。

ゆうパック事業は日通との共同出資会社で手掛けていたペリカン便を吸収し、1日に再スタートを切った。配達希望時間を細かく設定するなど、顧客サービスの向上策を打ち出したばかりだった。これから中元などの荷物が増えるだけに、早期に混乱を解消することが求められそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン