/

この記事は会員限定です

原発再稼働の遅れ必至 規制委「判断せず」

[有料会員限定]

原子力発電所の再稼働を誰が決めるのか、責任の所在がはっきりしない。原子力規制委員会は3日、規制委の役割について「安全基準を満たしているか確認する」との見解を示した。再稼働の是非は政府か電力会社が判断すべきだとした。利害調整にあたる司令塔が不在になりかねず、再稼働の時期は遅れかねない。

政府は「再稼働の責任は電力会社にある」と主張している。政府と規制が再稼働を判断する責任を相互に押しつけ合っている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン