/

防衛相「集団的自衛権検討に理解を」 米長官に求める

小野寺五典防衛相は3日の閣議後の記者会見で、米国のヘーゲル国防長官とブルネイで8月28日に会談した際に集団的自衛権行使容認に向けた日本政府の検討に理解を求めたことを明らかにした。会談では北朝鮮の弾道ミサイル対策を巡る日米の連携強化を例示した上で「こういうことがしっかりできないと日米関係としてあまりいい方向ではないと長官に話をした」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン