民主、選挙準備急ぐ くすぶる年内解散
空白区解消や公約骨子

(1/2ページ)
2012/11/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

民主党が次期衆院選に向けた準備を加速している。約70の空白区の解消に向けて11日までに地方組織に公認候補を固めるよう求め、マニフェスト(政権公約)は10日からの有権者との対話集会を経て11月中に骨子をまとめる。党内では早期の衆院解散・総選挙への慎重論が大勢だが、野田佳彦首相は年内解散の可能性に含みを残しており臨戦態勢を整える。

民主党は7月に小沢一郎元代表らが50人規模で党を離れ、小選挙区の空白…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]