2019年2月17日(日)

自治体、円高で損失拡大 仕組み債の利払い膨らむ
リスク高めの債券発行裏目

2010/12/3 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1ドル=100円を突破するような円高になると支払い金利が跳ね上がる仕組み債を2006~07年ごろに発行し、今になって利払いが膨らむ地方自治体が増えている。岩手県や新潟県、堺市などが一定以上の円高になると金利が急騰する条件を設定し、足元の利払いが年6%を超えたりする例が出ている。自治体のリスク管理が問題になる可能性もある。

総務省によると08年末で17の自治体が総額4200億円の仕組み債を発行して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報