/

放射性物質の流出阻止「数カ月後が目標」 細野補佐官

福島第1原発の事故

細野豪志首相補佐官は3日午前のフジテレビ番組で、東京電力福島第1原子力発電所2号機の取水口付近から高い放射線量の水が海に流出したことについて「新しい専門部隊を送り、高分子ポリマーを注入する作業に入る。何としても(流出を)止めたい」と述べた。空気中や海への放射性物質の流出を止めるメドについては「数カ月後が1つの目標になる」との見通しを示した。一方で使用済み核燃料の処理は「使用済みの燃料が1万本以上あるので相当時間がかかる」と指摘した。

細野補佐官は政府と東電の統合連絡本部で福島第1原発事故の対応に当たっている。原発周辺の海への影響に関しては「モニタリングをしっかりやることが重要だ。東電にも指示を出し、海上保安庁にも(モニタリングを)やってもらう。どういう影響があるのか早急に調べて公開したい」と番組終了後、記者団に語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン