蓄電池、日本主導で国際規格 成長分野を主導
電力管理・再生エネに活用

(1/2ページ)
2012/10/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

次世代電力システムに欠かせない大型蓄電池の国際規格が日本主導で誕生する。経済産業省と東芝、日立製作所を中心に国際機関内で専門委員会を設置し、関連システムを含めた性能の標準化を進める。大型蓄電池はスマートグリッドや再生可能エネルギーで大きく需要が伸びる分野。技術で優位に立つ日本が国際規格で主導権を握り、国内メーカーの競争力を向上させる。

電子部品や家電などの国際規格を決める国際電気標準会議(IEC…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]