/

この記事は会員限定です

環境省に「原子力安全庁」 保安院・安全委を統合

政府検討

[有料会員限定]

政府が検討している原子力行政組織の再編案が明らかになった。原子力安全・保安院を経済産業省から切り離し、内閣府の原子力安全委員会などと統合して新組織「原子力安全庁」(仮称)を発足させ、環境省に設置する。原子力行政の規制部門と推進部門を明確に分離する必要があると判断した。細野豪志原発事故担当相が5日に試案として公表する。

原子力安全規制に関する組織再編は、東京電力福島第1原発事故で、経産省・保安院の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り488文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません