/

菅首相、退陣時期「新しい社会づくりにメドつけば」

菅直人首相は2日夜の記者会見で、民主党代議士会で表明した退陣の時期について「言葉通り、一定のめど(がついた段階)だ。復旧から復興に向かっており、復興に向けては2011年度第2次補正予算も必要となる。新しい社会づくりに向かっていく方向性にめどがついた段階と申し上げた」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン