2018年10月16日(火)

木材利用ポイント事業を延長、政府 住宅需要下支え

2013/12/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は住宅への木材利用を促すため、2013年度限りで始めた「木材利用ポイント事業」を延長する方針を固めた。新築や改装の際、住宅に一定量の地域材を使った消費者にポイントを付与するもので、来年4月の消費増税後に冷え込みが予想される住宅需要を下支えする。

5日にまとめる経済対策で継続を打ち出す。延長期間は来年4月から半年~1年間で調整しており、13年度補正予算に必要経費100億~200億円程度を盛り込…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報