/

この記事は会員限定です

枝野幸男氏「仙谷氏、実態は第2官房長官だった」

(7月6日付朝刊政界面関連インタビュー)

[有料会員限定]

2011年3月の東日本大震災発生の6日後、菅直人首相は官房副長官に仙谷由人氏を起用した。当時、官房長官を務め、仙谷氏とともに震災対応にあたった民主党の枝野幸男衆院議員に人事の舞台裏などを聞いた。

――官房長官経験者を副長官に据える人事は異例でした。

「そもそも財務相経験者の藤井裕久さんが当時、副長官を務めていたのも異例だった。各省庁との調整ができるシニアの人に支えてもらわないと大変だと思い、藤井...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り810文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン