野田首相「円高対策待ったなし」 空洞化懸念への対応強調

2011/9/2付
保存
共有
印刷
その他

野田佳彦首相は2日夕の記者会見で「国内的に円高対策は待ったなしだ」と述べた。具体策として企業への立地補助金の拡充、円高デフレの中での中小企業の資金繰り対策を例示。円高の利点を生かした施策を講じていく考えも示した。

首相は「産業空洞化の回避、エネルギー制約の中での経済の立て直し、財政の危機に対応することで国家自体の信用危機に陥ることがないようにする」と強調。「歴史的な円高で、産業空洞化の危機を感ぜざるを得ない」と指摘し、追加の為替介入について各国と連携して対応する考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]