2019年2月22日(金)

菅直人首相、ついに官邸を去る 在任452日

2011/9/2付
保存
共有
印刷
その他

職員から贈られた花束を手に、首相官邸を去る菅直人首相(2日午前)

職員から贈られた花束を手に、首相官邸を去る菅直人首相(2日午前)

菅直人首相は2日午前、野田新内閣の発足を前に首相官邸を去った。在任日数は452日。6月2日の民主党代議士会で事実上の退陣表明をしてから丸3カ月間、野党だけでなく民主党内からの退陣要求をはねつけながら政権に居座り続けた。

首相は官邸を去る際、エントランスロビーに並んだ職員らと一人ひとり握手しながら「ご苦労さま」「ありがとう」と声をかけた。職員が花束を渡すと、笑顔で「みなさんのおかげでしっかりした対応ができた。野田新首相の下でも、それぞれしっかりとやってほしい」と語った。「なるべく官邸には足しげく来ないようにしようと思う。またいろいろなところでお会いしたい」とも述べた。

同日朝の最後の官邸入りでは、記者団から心境を聞かれ「本当に皆さんもご苦労さまでした」と答えた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報