/

ヤフー・グーグル提携容認 公取委、独禁法抵触せず

公正取引委員会は2日、ネット検索で世界最大手の米グーグルが日本国内最大手のヤフーに検索技術を提供する提携について、容認する方針を固めた。同日中に発表する見込み。現時点では独占禁止法上の問題にはならないとの判断を固めた。マイクロソフトや楽天などライバルのネット関連企業が提携に反対していたが、競争が阻害されるおそれはないとの見方を固めた。

公取委は7月の提携公表前に、ヤフーから相談を受け、「現段階では問題がない」と回答していた。ただ他社からの指摘を受け、改めて調査を実施した。通常は判断理由を公表しないケースが多いが、今回は異論も寄せられたため、公表に踏み切る。

米グーグルとヤフーの提携が実現すれば、国内ネット検索のシェアの9割を占めることになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン