公立病院初の海外進出 都立駒込、インドネシアに
がん治療実施へ

2013/10/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訂正> 10月21日13時31分に公開した「公立病院初の海外進出」の記事と見出しで、都立駒込病院とあったのは、同病院の名誉院長が顧問を務めるコンサルティング会社の誤りでした。(2013/11/8 16:42)

がんや感染症の治療で実績を持つ東京都立駒込病院がインドネシア進出を検討していることが21日、分かった。現地の公立病院と提携して診療所を開設し、消化器系のがんなどの治療を実施する計画だ。公立病院の海外進出は初めてで、海外に日本の高度な医療技術を売り込む成長戦略の具体例となる。政府は慢性的な経営難にある公立病院の収益改善も見込む。

駒込病院が進出を検討しているのは、日系企業など製造業が集積するインド…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]