/

鳩山首相、辞任表明「社民離脱の責任取る」

小沢幹事長も辞任の考え伝える

辞意を表明する鳩山首相(2日午前、国会内)

鳩山由紀夫首相(民主党代表)は2日午前10時、緊急の党両院議員総会で辞任する意向を表明した。首相は「社民党を政権離脱という厳しい道に追い込んだ責任は取らなくてはいけない。政治とカネの問題でも大変なご迷惑をかけてしまった。このことで職をひかせていただく」と表明した。首相は小沢一郎幹事長も辞任の考えを伝えてきたことも明らかにした。沖縄の米軍普天間基地問題での迷走と社民党の連立離脱で政権運営は困難となり、党内で退陣論が急速に強まっていた。

民主党は後任代表の選出を急ぐ。今国会の会期末が16日に迫っているため、短期間で代表を選ぶ必要がある。

辞意を表明後、小沢幹事長と言葉を交わす鳩山首相(2日午前、国会内)

鳩山首相は政権交代を果たした昨年8月の衆院選後、内閣を発足させた。政権発足当初は約7割の高い内閣支持率を誇ったが、米軍普天間基地問題などでの相次ぐ迷走で支持率は急降下し、参院を中心に退陣論が急速に強まっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン