/

この記事は会員限定です

福島の避難者、住民票移さず行政サービス可能に

継続認め自治体の「消滅」防ぐ

[有料会員限定]

政府は4日、福島第1原子力発電所の事故を受けて避難している福島県の住民向けの支援策をまとめた。住民票を避難先の自治体に移さなくても、義務教育や介護など行政サービスを受けられるようにすることが柱。避難者を受け入れた自治体には2012年度予算で地方交付税を増額する。片山善博総務相や関係各省庁の政務三役が同日午後、福島県を訪問して地元市町村に支援策を説明する。今国会に特例法案を提出する方針だ。

原発周辺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン