/

この記事は会員限定です

TPP交渉、関税撤廃95%提示へ ワイン・革製品も

政府、年内妥結にらむ

[有料会員限定]

政府は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉で、すべての輸入品のうち関税をなくす品目の割合を示す自由化率を95%前後まで上げる方針だ。19日から米国で始まる交渉官会合で各国に示すため、輸入するワインやチョコレート菓子、皮革製品の一部などの関税を無くす方向で調整に入った。年内の交渉妥結をにらみ、90%前後にとどまっていた今までの提案より踏み込んで交渉に臨む。

日本の貿易品目は全部で9018ある。政府はT...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン