/

この記事は会員限定です

はやわかり国民栄誉賞 王貞治氏の表彰で創設

[有料会員限定]

国民栄誉賞は1977年に当時の福田赳夫首相がプロ野球の王貞治選手の「本塁打世界新記録」をたたえるためにつくった。これに先立つ66年には佐藤栄作首相が総理大臣顕彰を創設。重量挙げの三宅義信選手や体操の遠藤幸雄選手ら五輪金メダリスト、「よど号」ハイジャック事件で乗客の身代わりとなった「男やましん」こと山村新治郎政務次官らを表彰した。

すでに総理大臣顕彰があるのに、なぜ国民栄誉賞が創設されたのか。内閣府...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン