/

首相、午後6時前に公務終了 「のどが痛い」

菅直人首相は1日、午後6時前に公務を終え、記者団に「よい週末を」と声を掛けて居室のある首相公邸に戻った。周辺には「のどが痛い」などと伝えた。

同日午前に予定していた安全功労者の内閣総理大臣表彰式も、首相に代わって枝野幸男官房長官が出席した。前日に首相が枝野長官に指示した。

首相は昼に東日本大震災の対応にあたった自衛隊幹部を慰労。午後には達増拓也岩手県知事らの陳情を受けた。

2日前の6月29日夜にはすし、焼き肉、イタリア料理の3軒を「はしご」していた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン