/

首相、質問なかった項目答弁 自民が抗議

自民党は1日の衆院議院運営委員会理事会で、野田佳彦首相が前日の本会議での代表質問で質問されていない項目を答弁したと抗議した。小渕優子幹事長代理は質問通告していた自衛隊の南スーダン派遣について実際に触れなかったが、首相は用意していた答弁を読み上げた。議運委は議事録からの削除を検討する。

首相は1日の衆院各党代表質問でも、新党日本の田中康夫代表の所属会派を「みんなの党」と誤った。直後に訂正しようとしたが、再び「国民新党」と間違えた。答弁終了後、首相は再度発言を求めて「国民新党・新党日本」と言い直し「ご無礼しすみません」と陳謝した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン