次の成長戦略、「目玉」に腐心 諮問会議と産業競争力会議

2013/11/4付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の経済財政諮問会議と産業競争力会議が、成長戦略の新たな目玉を探しあぐねている。設備投資の促進などこれまでの目玉は、いまの国会で法案が成立すれば実施段階に入る。税制や社会保障を「次の一手」と位置づける案が浮上するが、決め手には欠ける。金融市場の関心を引きつけられなければ、政権の求心力に影響が出かねない。

「2つの会議が共通の戦略的アジェンダ(政策課題)を設けるべきだ」。10月18日、霞が関・中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]