/

この記事は会員限定です

170人の巨大な「浮動層」 民主代表選、議員票を争奪

[有料会員限定]

民主党代表選が1日告示され、菅直人首相と小沢一郎前幹事長の両陣営の議員票争奪戦が本格化した。両陣営は決起集会をそれぞれ開いて支持基盤を固めたが、基礎票に近いとみられる出席者数は小沢陣営がやや優勢だった。どちらの陣営にも顔を出さなかった約170人の議員の多くは態度を決めていない、いわば「浮動層」。議員票の行方を左右する浮動層対策が、今後の多数派工作の焦点となる。

1日昼前、小沢陣営が気勢をあげた。議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り768文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン