首相「国民の命と平和を守る」 集団的自衛権解釈変更

2014/7/1付
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は1日夕、集団的自衛権の行使容認を閣議決定したことを受けて首相官邸で記者会見し「国民の命と平和な暮らしを守るため現行憲法の下で何をなすべきかの議論だ」と述べた。「日本を取り巻く情勢は一層厳しさを増している。あらゆる事態を想定して国民の命と平和な暮らしを守るため切れ目のない安全保障法制を整備する必要がある」と訴えた。

集団的自衛権の行使容認を閣議決定し、記者会見する安倍首相=1日夕、首相官邸

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]