/

この記事は会員限定です

国債発行総額、11年度は最大に 借り換え響き170兆円

[有料会員限定]

2011年度の国債発行総額が170兆円台に乗せ、過去最大に膨らむ見通しとなった。政府は11年度予算の財源となる新規債を今年度並みの44兆円以下に抑える方針だが、過去に発行した国債の借り換えが10兆円程度増える。財務省は債券市場への影響を考慮して、今年度中に一部を前倒し発行する考え。ただ、12年度以降も高い水準の発行が続く見通しで、安定消化は綱渡りとなる。

国債発行総額は政府が1年間に発行する国債の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り871文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン