/

自民・小泉氏ら、法案否決求める 谷垣総裁と会談

自民党の小泉進次郎青年局長ら7人の同党若手議員は1日、党本部で谷垣禎一総裁と会談した。一体改革法案を巡り「民主党、野田佳彦首相は自民、公明との3党合意に誠実でない」と指摘し、法案を否決して野田政権を早期の衆院解散・総選挙に追い込むよう求めた。谷垣氏は「若手にそういう声があることは重く受け止める」と応じた。

小泉氏は会談後、記者団に「首相問責決議案も内閣不信任決議案も両方空振りになるかもしれない」と指摘。民主党内に一体改革法案の採決先送り論があることなどを念頭に「これ以上、足元を見られてはいけない。最後までお付き合いしてくれると思っているのではないか」と批判した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン