/

鳩山首相、退陣の意向 10時から両院議員総会で表明へ

首相公邸前で記者の質問に答える鳩山首相(2日午前)

鳩山由紀夫首相(民主党代表)は2日午前、退陣する意向を固め、民主党幹部に伝えた。沖縄の米軍普天間基地問題での迷走や、社民党の連立離脱で政権運営が困難となり、参院選への影響も考慮し、退陣はやむを得ないと判断した。民主党は午前10時から緊急の両院議員総会を開き、首相が党所属議員に直接、自らの決断を伝える。

民主党は両院総会で今後の対応を協議し、後任代表の選出を急ぐ。今国会の会期末が16日に迫っているため、短期間で代表を選ぶ必要がある。

鳩山首相は政権交代を果たした昨年8月の衆院選後、内閣を発足させた。政権発足当初は約7割の高い内閣支持率を誇ったが、米軍普天間基地問題などでの相次ぐ迷走で支持率は急降下し、参院を中心に退陣論が急速に強まっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン