2019年2月22日(金)

原子力規制委の同意人事先送り 混乱回避を優先

2012/11/1付
保存
共有
印刷
その他

政府は2日の閣議で、原子力規制委員会の田中俊一委員長と4人の委員に関する今国会での同意手続きを見送る方針を決める。福島第1原発の事故後に原子力緊急事態宣言が続く現状を先送りの理由とするが、民主党内の造反などを懸念した及び腰の対応に野党は反発を強めている。

同人事は衆参両院の同意が必要だ。与党は先の通常国会で野党の理解を得るメドが立たずに議決を見送り、野田佳彦首相が国会閉会後の9月に規制委設置法の例外規定に基づいて任命した。本来は今国会で事後同意を得る必要があるが、「緊急事態」を衆参に通知して手続きを先送りできる規定を活用する。

同意人事では公正取引委員会委員長に関しても案を提示できずに1カ月以上空席が続いている。公明党の山口那津男代表は1日の党会合で「国会軽視の行動だ」と批判。自民党の安倍晋三総裁も記者会見で「政権党として機能停止している」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報