ミャンマー鉄道整備支援 日本勢、車両など供給
ODA活用

2013/12/2付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ミャンマーの大都市を結ぶ鉄道の整備が日本の協力で動き出す。官民の技術や政府開発援助(ODA)を支えに最大都市ヤンゴンと中部の商都マンダレーをつなぐ約600キロメートルの路線を刷新する。国際協力機構(JICA)が作る計画をもとに日本の企業連合が車両や信号システムを受注する見通しだ。経済の大動脈の立て直しに貢献し、日本企業が投資しやすい環境を整える狙いもある。

ミャンマーの鉄道網のうち最大の幹線であ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]