減反廃止の検討、農相が正式表明

2013/11/1付
保存
共有
印刷
その他

林芳正農相は1日の閣議後の記者会見で、政府がコメの生産量を絞って価格を維持する生産調整(減反)の廃止について「農家の経営判断で需要に応じた生産ができる環境を整える。さらに改革を進める」と述べ、本格的な検討を進めていることを明らかにした。

そのうえで「江藤拓農水副大臣は7年後に(廃止が)できていないのは望ましくないと国会で述べている。私は答弁を打ち消すようなことは言っていない」と語った。産業競争力会議の民間議員は3年後の廃止を訴えており、廃止時期を巡る調整が本格化しそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]