/

この記事は会員限定です

自民、原発再稼働へ機運づくり 推進派の議連に約90人

[有料会員限定]

自民党内で原子力発電所の再稼働の機運を高めようという動きが広がっている。再稼働を念頭にエネルギー政策を議論する議員連盟が会合を重ねており、加盟議員は約90人に達した。「安全第一」を前提にしたうえで、経済成長には原発が必要と訴え、7月の参院選後に具体的な動きにつなげる構え。党内や政府側には推進論が強く出過ぎることに慎重論もある。

「再稼働に向けて火の粉をかぶる覚悟で努力する必要がある」。党電力安定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン