製造業の残業時間4カ月連続増 3月、給与は微減

2013/5/1付
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省が1日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報)によると、足元の景気動向を映す製造業の所定外労働時間(残業)は前月比1.6%増えた。企業の生産活動の回復を背景に4カ月連続で増えた。ただ、全産業平均の現金給与総額は前年同月比0.6%減の27万5746円となり、2カ月連続で減った。

調査は従業員5人以上の事業所が対象。労働時間が給料に反映されるのは翌月以降になるが、製造業の残業代は回復しつつある。前年同月比のマイナス幅は2月の5.5%から3月は4%に縮小した。

企業の生産活動の勢いを示す鉱工業生産指数は3月まで4カ月連続で上昇している。中国などで組み立てているスマートフォン(スマホ)向け部品の生産が回復し、電子部品・デバイスは3月に前月比4.7%増えており、従業員の残業時間も増加したようだ。

基本給や残業代を含めた全産業平均の現金給与総額は前年同月比0.6%減の27万5746円と2カ月連続で減った。3月は日曜日が前年同月より1日多く5日間あり、労働時間が少なかったことが影響した。

就業形態別では、フルタイムで働く一般労働者が前年同月比0.3%減る一方、パートタイム労働者は1.9%増えた。賃金水準が低いパート労働者が増えていることが、給与総額の平均を押し下げている面もある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]