政府、対イランで独自制裁案 貿易保険制限など

2010/9/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府がイランの核開発問題を巡り検討している対イラン独自制裁案の概要が1日、分かった。貿易保険の制限や資産凍結の拡大、エネルギー関連分野への新規投資禁止などを盛り込む。既に独自制裁を決定した米国や欧州連合(EU)と歩調を合わせ、核開発を続けるイランに圧力を強める必要があると判断した。3日にも閣議了解する。

独自制裁は既に決定したEUと同程度の厳しい内容で、イランと取引のある日本企業への影響は避けら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]