国際カルテルで米、日本人引き渡し要請の可能性 伊藤鉄男・元最高検次長検事に聞く

2014/5/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米司法省は4月4日、国際カルテルに加わったイタリア企業の幹部がドイツから米国へ身柄を引き渡されたと発表した。米独占禁止法違反で初の引き渡しだという。日本にも引き渡しの対象となり得る日本企業幹部が10人以上いるといわれ、関係者の間で緊張が高まっている。司法省は今後、日本人の引き渡しを求めてくるのか。国際的なルールはどうあるべきか。元最高検察庁次長検事の伊藤鉄男弁護士に聞いた。

――米司法省の4月4…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]