/

この記事は会員限定です

日本企業の休眠特許活用 米大手、売却元に収入分配

[有料会員限定]

米特許管理会社大手のアカシア・リサーチが日本企業の抱える休眠特許の活用に乗り出す。電機・通信分野を中心に使われていない特許を買い取り、国内外で技術の供与先を探して利用料を獲得。売却元の企業には長期間、収入の一定割合を分配する。米大手の進出で休眠特許の活用に弾みがつきそうだ。

アカシアは米ナスダックに上場しており、カリフォルニア州に本拠地がある。200社以上から特許を取得し、ライセンス契約実績も13...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン