/

この記事は会員限定です

会社法改正、こうして骨抜きになった

[有料会員限定]

企業運営の基本的なルールを定める会社法を改正する要綱案が8月上旬、法制審議会(法相の諮問機関)の会社法制部会でまとまった。2005年の会社法成立以来初の改正議論だったが、目玉の社外取締役設置の義務付けは見送られ、その他の点でも経済界に配慮した妥協案が目立った。長引く業績低迷や投資家の日本株離れの処方箋の1つとしてコーポレートガバナンス(企業統治)の強化を目指したものの、腰砕けとなってしまったのはな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン