/

この記事は会員限定です

社外取締役、義務づけ必要か

佐久間総一郎氏と冨山和彦氏に聞く

創論

[有料会員限定]
 社外取締役のいる企業の割合が東証1部で6割を超えた。企業統治の観点から上場企業に選任を義務づけるべきか、今まで通り各企業の判断に委ねるべきか。経団連でこの問題を担当する経済法規委員会・企画部会の佐久間総一郎部会長(新日鉄住金常務)と、カネボウや日本航空の再建に携わった冨山和彦・経営共創基盤・最高経営責任者(CEO)に聞いた。

佐久間氏「企業の判断に委ねるべき」

――上場企業に社外取締役の選任を義務づけることについて、経団連の立場は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3217文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン