/

この記事は会員限定です

本の「自炊」どこまでOK? 著作権法の境目はココ

[有料会員限定]
 「通勤電車で重い専門書を手軽に読みたい」「本棚を心置きなく整理して、空いたスペースに新しい本を入れたい」――。読書好きなら誰もが持つ願いがかなう手段がある。蔵書をスキャンしてデジタルデータにする電子化、いわゆる「自炊」だ。ただ、自分で行えば合法だが、業者が代わりに行うと著作権法違反となる可能性が高い。本を裁断し、スキャンして電子ファイルにする過程をすべて自宅で、自力でやらなくてはならないのだろうか。どこまでならプロの力を借りても法的に許されるのか、検証した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン